So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

naロードスター ユーザー車検 [ユーノスロードスター]

1か月ほど前のファミリーカーのユーザー車検に続き、今度はマイカー、ロードスターの車検に行ってきました。
旧い車なので少し心配ですが、まぁやってみないと合格するかどうかは不明なので、チャレンジしてきました。
まぁ、車検という制度自体が合格するかを見てくれる制度なので当たり前ですが。


まずは下準備

Webからユーザー車検の予約をして、24か月整備点検記録簿を記入しました。
エンジンルームや下回りのオイルなどの漏れの確認や各ライトの球切れの確認などを行いました。
見落としがちなのはステアリングのホーンマークやシフトパターンステッカー、それからシートベルト警告灯の球切れとかでしょうか。



準備の一環として車検の見積もり

見積もりを取るショップにも寄るでしょうが、大抵は見積もり段階である程度の悪いところを指摘してくれます。
また、見積もりで必要な重量税の金額や自賠責の金額が予めわかるので便利です。

もちろん、ショップとしては車検をして欲しくて見積もりを出すので、金額の折り合いがつけば任せるつもりです。
まぁ、ユーザー車検よりも安いショップは存在しないのですが、異常が見つかった時はショップに任せてしまうほうが時間や費用で有利なことも多いです。

今回はガソリンスタンドにお願いしました。
結果から言うと大した異常も見つからず、それどころかスタンドのスタッフいうことが変なうえに説明も悪いので見積もりだけでおわりました。

スタンドで指摘されたのが、ナンバープレートの位置とスモール球の色合いで落とされるので元に戻すべきということでした。
しかし、ナンバープレートの位置を変更して車検に通らないとは聞いたことがありません。
また、指摘されたスモール球(LED)は以前に車検に通っているので問題ないはずです。
もちろん、色味の個体差や車検官の主観による判断で落とされる可能性が皆無ではないですが。
それから、重量税が13年経過と18年経過で金額が違いますが、それ以外に20年経過でさらに高くなるというのです。
そんな法律はありません。言っていることが謎な店員の相手はしてられないので、聞き流して帰ってきました。


重量税について

重量税は車検時に支払う税金です。
車検に支払うお金の半分が重量税です。もう半分は自賠責です。
車検を受けるのに必要な手数料は2000円いらないのです。
よく、車検制度をなくしたらいいのにという意見を聞きますが、なくすべきは重量税ではないですかねぇ。

重量税は、その名前の通り重さに応じて金額が変わります。
ざっくりいうと、1トン未満、1.5トン未満、2トン未満と分かれます。
普通のファミリーカーで大抵1.5トンです。
高級車は2トンのものも多いです。
1000ccの小型車でも1トン未満は殆どないです。

僕のnaロードスターは1トン未満です。
ユーノスロードスターでも1.8になってからは1トンを超えるものもあるようですね。

で、18年経過しているので25200円かかります。
これは安いですね。

ちなみに1.5トンで24,600円、13年経過で34,200円、18年経過で37,800円かかるのでとてもお得ですね。



重量税計算するならここでできます。
http://naspa.jp/

スポンサーリンク





まさかの車高で×

地上高9cm必要なのですが、9cmなかったようで、落ちました。
車高は車高調なので調整可能ですが、面倒ですね。

とりあえず、タイヤの空気圧を4キロまではりました。
わずかに足りないならこれだけでも合格すると思いますが、残念ながらもう少し上げないと無理っぽい。

9cm測るのはなかなか面倒ですが、身の回りの物で間に合わせます。
たばこが高さ9cmです。コーヒー缶が10cmです。
車検に無事に合格するためには、缶コーヒーが通る程度にはしたいですね。
たばこだと歪みとかありますし、安全パイを狙うなら缶コーヒーって感じですかね。

ちなみに僕はタバコを吸わないので、缶コーヒー一択です。
缶コーヒーが辛うじて通らない程度に調整して、リトライして、合格を頂きました。

車高ですが、僕の場合は触媒後ろのマフラーのサイレンサーの部分が一番低いようでここで落ちました。

車高は調整してもしばらく走ると馴染みがでて、少し低くなります。
僕自身は割と高くしていたつもりだったのですが、調整して1か月のくらいの間にずいぶんと低くなったようです。
また、前後のバランスでフロントを上げるとリア側のタイヤより後ろが下がりマフラーが低くなるので注意が必要です。



ライトの光軸で×

光軸はある程度は覚悟していたのですが、落ちると緊張が走ります。
車検のレーンは再度利用は2回まで無料ですが、それを過ぎるとまた手数料が必要になります。
この手数料を支払うのと、テスター屋に駈け込んで光軸調整料金を支払うのと迷います。
今まで一度もテスター屋を利用したことがないのですが、ネットの情報だと2-3千円くらいの工賃が掛かるようです。
2回の再挑戦で落ちると手数料が1700円かかるので、どちらがいいか・・・

僕は自分で調整してチャレンジ。
もう一度落ちて、ラストチャンスで合格を頂けました。

参考までに、知人が徳島市内のダイハツで光軸調整をしたら2000円だったそうです。


ロードスターの光軸調整は、ヘッドライトのそばにあるプラスネジを回します。

検査官に右ヘッドライトが左に50cmずれているといわれました。
これは10m先で50cmのずれがあるという意味なので、調整するのは1m離れた所からライトを当て5cm調整します。
徳島の検査場には光軸調整用の看板が駐車場にあるのでこれに近づけて調整します。

1mの距離に車を置いて、ライトを光軸調整板に照らします。
一番明るい部分にテープで目印します。
調整用のねじを回して、5cmずらします。

作業自体は簡単なのですが、1mとか5cmとか、これはある程度勘に頼ってやってます。
光自体にマーカーできませんし、実際に5cm動いたどうかは感覚なので。



ナンバープレート位置の変更は○

ガソリンスタンドで指摘されたナンバープレートの位置ですねが問題なく通りました。
まぁ、考えてみれば多くのロードスターがプレート位置をオフセットしているのですから、これがダメなはずないですね。

ただ、フォグランプなどと干渉して塞いでいるとダメですね。
これは検査官に直接伺ったので間違いないです。
移動自体は問題がありません。

もちろん、折り曲げたり、逆さや横にして付けたり、隠せるようにしたら通りません。




エンジン型式をみられました。

今まで、ユーザー車検にいっても車体番号を見られた記憶だけで、エンジン型式を見られたことはありません。
まぁ、車種によっては見やすいところに書いてあるのでしょうから僕自身が気づいてないだけかもしれないですが。

ただ、軽自動車ですが、ビートについてはエンジンを確認されてはいないです。
エンジンルームを開けることがなかったので間違いないと思うのですが...
ただ、ビートのエンジン型式がエンジンの下側に書いてあるのかも知れないんで何とも言えないところでもあります。

汚れと錆で見えにくいようでパーツクリーナーをふりかけてもダメで、ワイヤーブラシで擦られてしまいました。

ポジションのLEDは無事合格

これも何も言われることなく、合格しました。
掛かった費用は全部で52730円でした!


徳島にテスター屋はない?!

そうなんです。
徳島、テスター屋と検索しても出てきません。
近くにもそれらしき建物もありません。
皆さんどうしてるんでしょうね。
近くにはカーディーラーはあるので、ホンダやダイハツはディーラーに駆け込むのでしょうかね。

すぐ横にセルフのスタンドがあるので空気を入れることはできますが、ここのピットは閉まっているので整備の依頼は不可能ですね。

僕は利用したことないですが、島田にある吉田自動車さんが予備検をやられているのでここなら、予備検査や光軸調整も可能かなぁと思います。


スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0) 

大山紀行 紅葉 [登山]

日本百名山のひとつ、鳥取県にある大山に登った。
今年の目標に百名山を1つでも多く登るとしていたので、誘われたのは良かった。
遅く来た台風で日程を調整すること2回、そのために10月に登る予定が11月にずれ込んだ。

瀬戸内に住む僕としては日本海はうれしい。
日本海側には知り合いも何もいないので楽しみだ。

大山へは瀬戸大橋を渡り、岡山を通り過ぎて入る。
片道3時間のドライブだ。

道中はほとんど会話はない。
山登りを同じ趣味とする面々で普段会うことはないから仕方ない。
山登り以外は好みも年代も違うのだから猶更である。

スポンサーリンク





岡山の蒜山SAから20kmほどで大山が登場。
まっすぐに伸びた道路の正面に富士山によく似た立ち姿で、この山に登るのか、これは骨が折れそうだなと思った。

s_IMG_20171102_092320.jpg

と、同時にこの堂々とした山に登れることにすごく喜びを感じた。
山登りのメンバーに誘われなければ、とてもじゃないが、一人で来ることは心細くて無理だろう。

山のふもとはちょっとした観光地で、ツアーバスの客やカップルが散策していた。
大山寺と大山神社とモンベルとがあった。

昼食は食事宿でおにぎりを購入した。
3種類のおにぎりが並んでいたが、1つ200円は高いなと感じた。

夏山登山口と書かれた看板を目印に山へと入る。

s_IMG_20171102_101852.jpg

のぼりは夏山登山コースを登った。
参拝道のように整備された道が続く。
なかなかの距離を歩いてやっと1合目となった。
ここからはさらに勾配がきつくなって、いよいよ大変だった。
しかし、遅く訪れた大山には思いのほか紅葉が残っていてとてもきれいだった。
紅葉は色々と見に行ったがその中でも1,2を争う良さだ。
いいタイミングで来れたものだ。
天気も快晴で少し暑いくらいだった。

ウェアは半ウールのロードバイク用アンダーウェア(BE)に、モンベルのウィックロンのTシャツ
パンツは3シーズン用のもの。最初はこのパンツの下にタイツを履いていたのだけど、暖かいので登山直前に脱いでいた。
日差しは木々に遮られるのが多いが頂上近くは森林限界を越えるのだろう背の高い木々はないので帽子も必要だった。
途中暑くて、Tシャツを脱いでアンダーウエアのみになったがそれでも暑かった。
汗かきなので汗が滴り落ちる。
汗冷えしないと評判の半ウールのアンダーウェアの中の体は冷たくなって一時気持ち悪くなった。
ただ、少し体調不良であったので、そのせいで気分は悪くなったのかもしれない。
結果的にはこのアンダーウェアでも熟せるなぁといった感想を持った。

登っては振り返り、絶景を眺めた。
s_IMG_20171102_120325.jpg
少しずつ雲が広がってきた。
出来れば、お昼までには頂上に着きたい。
そうしないと、頂上からの景色がガスに覆われたしまう。

途中、何度も休憩を取りながら登り山頂まで2時間半掛かった。
標準タイムが3時間なのでまぁまぁのペースで上がれたようだ。

頂上付近に差し掛かり尾根を歩く木道は風が吹き抜けて気持ち良かった。
辺りは国の天然記念物大山キャラボクが広がっていた。
キャラボクの真っ赤な実がたくさんなっていてかわいらしい。
s_IMG_20171102_123309.jpg

弥山頂上には山小屋と石碑があった。
s_IMG_20171102_125610.jpg
石碑と記念撮影をしてお昼にした。
しかし、頂上で食べるおにぎりは美味しかった。
高いと感じていたおにぎりだったが、山で食べるように大きめで、塩大目、とても旨い。
コンビニのおにぎりとは違う美味しさだった。
本当は剣ヶ峰が一番高いのだけど、縦走が危険との理由で禁止されて、今は弥山山頂までしか行かれない。




くだりは6合目あたりで分かれる行者野コースを下る。
これがまた素晴らしい。
ブナの原生林が広がって僕を驚かす。
紅葉の見事なこと。

今まで見た中で一番の素晴らしさだった。
ここは西日本最大級のブナ林だそうだ。
少し膝が悲鳴を上げ始めていたので慎重に降りた。
行けども行けども絶景で飽くことなく歩くことができた。
途中、石の河原に出た。水は無く、ここを縦断する。
ここからの眺めは最高だった。
旅行のパンフレットで見るような、作られたような美しさがここには実在していた。
近くにあった山小屋は別荘だろうか。素敵に山に溶け込んでいた。
s_IMG_20171102_144108.jpg

山道が終わり今度は寺の参道を下る。
s_IMG_20171102_151219.jpg
これが1キロほどあるそうで、形の揃わない石の上を歩くのは殊の外疲れた。
くだりは2:20掛かった。時間が掛かった。



30年前から続いてる、オーバーユース対策の取り組み『一木一石運動』というものを帰ってから知った。
厳密には登山道で書かれたものを読んで知ったのだが、どのように協力すればいいのかわからなかった。
ホームページによると年々増加する登山者に踏み荒らされたことから、大山山頂は昭和50年代から急激に緑が減少し、保水力が失われ、雨水による浸食溝がいたる所にできた。
それで大山から崩落した石を、登山者に一人ひとつずつ持って山頂に登り、その石で浸食溝を埋めたりすることだそうだ。
で、「石」は必ず、大山寺橋西側の南光河原駐車場にある「石置き場」から持って上がってくださいとのこと。
これを登山口に書いておいてくれたら持って登ったのに、とても残念でした。
また、大山に挑戦するときは石を持ってあがりたいものです。

s_DSC_0231.JPG

装備

BE アンダーウェア
モンベル ウィックロンTシャツ
3シーズン用 パンツ
モンベル バードビルキャップ
水は1.5L(700ccくらいしか飲まなかった。)
ストック(下りが急なためあると楽)

レインウェア
ULダウンジャケット


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0) 

MP! ユーノス/マツダ ロードスター 用 ダッシュボードマット 装着 [ユーノスロードスター]

ロードスターのダッシュボードは割れていたり、前のオーナーが取りうつけたパーツの穴が開いていたりすることがあると思います。

僕のロードスターもそうでした。
昔に取り付けた社外メーターの穴やカーナビ取付用の両面テープのあとなどがあります。

みなさん、色々な方法で対応してますが、僕はダッシュマットを選択しました。

MPIダッシュマットというのを購入しました。

http://dash-mat.shop-pro.jp/

スポンサーリンク





C360_2017-06-22-08-14-58-019.jpg

ここの製品は格安でしたので選択したのですが、商品のページを見ても今一ピンときません。
ヤフオクでも買えるのですが、カラー見本を見てもイメージがわかないのです。

商品が届いて取り付けるまでどうなることかと不安でしたが、思ったよりもよかったです。

C360_2017-06-22-08-14-40-663.jpg

ラピスブルーというカラーをチョイスしました。
まぁ、明るめの紺色です。

毛足は長くてきれいです。
フィッティングはまぁまぁで、許容範囲です。
取付用のマジックテープの接着テープが弱いのではがれますが、フィッティングがそこそこいいので、ずれたりはしません。
フロントガラスに映り込みはありません。

これで1万円なら非常に満足ですが、送料合わせると15000円程度になるので、非常に満足とはならず、そこそこ満足です。
友人に勧めるかと訊かれたら、悪くはないよ、僕は満足してるよといいますね。



スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0) 

剣山の紅葉 [オススメスポット]

西日本2番目に高い山。
それが剣山。

地元では、つるぎさんともいうし、けんざんとも言う。

ここの紅葉はきれいです。

スポンサーリンク







OKjoMRFCU3IlJMIGO3ACAVwn4sdKmmhLEcTnoVhhJGgpX92IB.jpg


昨今の登山ブームで、たくさんの人でにぎわいますので、おすすめは平日ですね。
1995メーターあるので、長く紅葉が楽しめます。

10月10日くらいで頂上付近は見ごろを迎えます。
それから徐々に、下へ下へと紅葉が下りてきます。

I_VaxP03W31hgVNF2o417cJVWk5uPHTOyebEkQg4xJkpX92IB.jpg

リフトが完備されていますので、登山初心者でも登れると思います。
登山靴の方が楽ですが、スニーカーでも登れます。
残念ながら、ハイヒールでは無理です。

リフトは往復で2000円弱ですが、体力のある人はリフトなしでも登れます。
ただ、山なので、天候が急に変わることがあるので、レインウェアの備えがない場合は、天候があやしいなと感じたら下山しましょう。

頂上は吹きっさらしなので、寒いので、軽いダウンジャケットなどを持参した方がいいです。

ちかくにはラフォーレ剣山というお風呂があります。
山のお風呂ですが、安いし、きれいです。おすすめですよ。

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 

naロードスター 車高調が外れない! [ユーノスロードスター]

ロードスターの車高調選びが済んで、今度は交換です。
交換は緩まないボルトに泣きました。

DSC_0129.JPG
これはテインを装着するところ。ここまで行くのに紆余曲折ありました。


足回りの交換は今まで5,6回はやったことあるのである程度下調べしたら大丈夫と高をくくってました。

下調べした時の内容としてはストラットとほとんど変わらないな、部品点数が多い分面倒くさいな。といった印象でした。

以前にビートの足回りを交換した時に、鈍らな工具を使ってボルトの頭をなめた苦い経験があるのでそこのところは注意しようと思ってました。
その時は自分ではどうすることもできず、車屋にお願いしました。
今考えると、あんなのはグラインダー(サンダー)で頭飛ばせばいいだけでしたが、その時は経験不足で高い勉強代を払いました。


★鈍らな工具を使うと、つらい思いをしますよ。

僕はサンデー整備にはそんなにいい工具は必要ないと勝手に考えて、安く手に入れた工具を使っていたのですが、古い車両の整備を行うと固着したボルトやナットに手を焼くことがたくさんありました。
これは工具が悪いのではなくて、古くなり固着したボルトが悪いんだから仕方ないと思ってましたが、一通りよい工具を使うと頭をなめる頻度が激減しました。
やっぱり、道具は大事だなぁと思いました。

工具は有名どころはKTCとスナップオンでしょうかね。
どちらも高いです。
どちらもプロユースなので、高くて当たり前です。

憧れはありますが、そんなのは買えないので(工具マニアでもないですし)ホームセンターできちんとした名前のあるもの、それからネットで購入できるものを混ぜて使ってます。
ホームセンターで購入するときにセットで売っている安い工具に惹かれてしまいますが、ブランドがないものやホームセンターブランドのものは避けるようにしてます。
経験上、こういったものを買って、良い結果になったためしがありません。

ちなみに僕が使っているのはフラッグとTONEです。
フラッグはネットで。TONEはホームセンターで購入してます。



スポンサーリンク





さて、足回りの交換ですが、外す予定のボルトナットにあらかじめ556なんかを吹き付けておきます。
これをしないと固着が激しくて緩みにくいです。

ちなみに、556よりもワコーズの潤滑油ラスペネの方がもっといいようですが、使ったことはありません。

固着しているナットやボルトは力が必要ですので、延長するための鉄パイプを用意するといいです。
それか足で蹴っ飛ばすと緩みます。

今回、外せなくて困った個所はここです。
DSC_0130.JPG

ロードスターのサスペンションの下側はブッシュが入った目玉状の部分にボルトナットが刺さって固定されています。

このボルトは長いので緩めるときに力を入れるのはナット側です。
ボルトの頭側は空回りするのを止める程度の使います。
これを逆にボルト側に力をかけて緩めようとするとボルト自体がしなって力がナット側までいかないと思うので注意が必要です。

まぁ、それは経験上わかっていたので、ナット側を緩めると簡単に緩みました。
そこからが大変でした。

車高調の目玉部分に貫通したボルトを抜き取るのですが、ねじろうが引っ張ろうが、出てきません。
力任せにボルトを回して抜こうとしたら、目玉のブッシュ部分がちぎれてしまいました。

どうやら、ボルトと車高調のカラー(目玉部分のブッシュの真ん中にあるステンレスのスリーブ)

こうなるとボルトをハンドツールで抜き取ることはできません。

ネットで検索しても有力な情報は出てきません。


最初に取った手段は、ボルトをインパクトドリルで穴を開けて、貫通させて抜き取る方法です。



ナット側から小さなドリルで少しずつ穴を開けて、徐々に大きなドリルで穴を広げていきます。
ただ、相手は鋼鉄です。
ドリルがなかなか入って行きません。
しかもボルトが長いので貫通させるとなると、大変な労力と技術を必要とします。

DSC_0128.JPG
ボルトに穴があいてます。




しばらくは順調だったのですが、案の定、ドリルを折ってしまいます。
インパクトの力が斜めにかかったら、簡単に折れてしまいました。

こうなってしまうと、ドリルではどうすることもできません。
ドリルの歯は、とても固いので、ドリルの歯をドリルで貫通させるのは無理です。

DSC_0131.JPG
こんな感じで歯が残ってます。

次に、大ハンマーで叩いて抜き取る方法をやってみましたが、1mmも動く様子がありません。
後で、抜けたパーツを観察すると完全にカラーとボルトが一体になっていたので、ハンマーで叩いてどうにかなるようなものでもなかったようです。

DSC_0134.JPG

サスペンションが外れてから、該当部分を見るとボルトと車高調のスリーブ部分が一体になってまってました。


最後に、取った方法は、グラインダーでカットするです。

sasu.jpg

非常にわかりにくい絵でもうしわかないですが、赤いラインの部分4か所をグラインダーでカットしてとりはずそうという魂胆です。
見てもらうとわかりますが、真ん中の2本が非常に難しそうです。
サスペンションとアームの隙間にグラインダーを差し入れて作業するようになり、スペースが取れるかといった不安がありました。

実際は、グラインダーを差し入れると何とか作業可能なスペースがあり助かりました。
これが不可能となるとロワアームの交換が必要だったかもしれません。

左からに順にカットしていくと、3本カットした時点で外れたので、都合3本のカットで片付きました。
ひょっとすると真ん中の2本のカットだけでも良かったかもしれません。

狭い場所ですし、いろいろなパーツが付いているので慎重にカットします。
とはいえ、非常に硬いボルトなので、グラインダーを強く押し当てないと切れないです。
何度も確認しながら、ロワアームを傷つけないように、注意しながらカットしていきました。



DSC_0133.JPG

それでなんとか、取り外すことができました。


最終的にロワアームの一部をグラインダーで傷つけてしまったので、シャーシブラックを吹いて、錆止めとしました。

スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0) 

ビートをバラ売りした結果 [ビート]

ビートをタイベル駒飛びで壊してからせっせとビートのパーツをヤフオクで売却してました。
タイベルでエンジンクラッシュしたビートに価値はほとんどなく、処分する前に売れそうなパーツを売却してロードスターの購入費にあてこみました。

車両の売却でお金を得る方法としては、下取りが一般的ですが、不動車だと下取りや買取は大した金額にならないことが殆どです。
不動車で少しでも高く買い取ってもらうには自分で処分することが一番の方法だと思います。
ただ、ビートのような人気車ならいいですが、ファミリーカーだと部品のばら売りで高くなることは少ないと思うのでそのような車種だと下取りで片付けしまうのがいいように思います。

不動車だと部品取りで出品するのも一つの手ですが、ヤフオクだと車両出品には5000円程度手数料が掛かりますし、引き取りにローダーが必要になるので、それほど高く売却できないことの方が多いのではないでしょうか。

なので今回はパーツを取り外してヤフオクで捌いて行きます。
パーツなので売れなくても手数料は掛かりません。
売れた場合は8パーセントの手数料が発生します。
また、月400円のヤフープレミアム手数料が発生します。

では、パーツ売却でどの程度の金額になるのでしょうか。
実際の金額を公開するので参考にしてみてください。



もちろん、愛車を切り売りすることに抵抗は感じますが、背に腹はかえれません。
また、普通にスクラップにするだけだと鉄くずとしての価値しかありませんが、切り売りすることでリユースされるというバリューが発生するのはいいことだと思ってます。

まぁ、でも、ヘッドライトやその他いろいろの部品を取り外された姿は痛々しいですが。

スポンサーリンク






売れたものとその価格です。


純正カセットデッキ4200
サーモスタット76.5度 1000
サスペンション14000
ECU 21202
触媒 3000
メインリレー 1000
HID  5100
フィーエルリッド 555
キャリア 12500
左テールライト  2000
右テールライト  3000
社外4灯ヘッドライト  8250
(シビック用を流用しようと入手していたもの)
トランクカーペット 500
ステアリングボス 960
右ヘッドライト 4250
左ヘッドライト 3633
フロントトランク(アイリスオーヤマ) 500
マフラー 8750
ソフトトップ 22840
シートカバー  5255
MR-S流用ディフレクター 3289
純正タイヤホイール 17100
デスビキャップとプラグコード 1000
ビートの取扱説明書 664
ドアノブ(アウター)左右 5251
ステンレスブレースバー 15610
スピーカー 1700

これは売れた金額なのでヤフオクの手数料が8パーセント引かれてしまいますが、それでも
合計で15万円くらいになりました。

これ以外にも売れるパーツはあったのかも知れませんが、切りがないですし、この辺で処分となりました。
以外に高く売れたのはドアノブ(アウター)でしょうか。
これが高値で取引されていたのは知りませんでしたので、人から教えてもらったのはありがたかったですね。

部品を取られたビートはというとリサイクル業者に引き取ってもらいました。
引き取りも無料でしたし、重量税の還付なんかの手続きもやってくれました。


20年も前の話ですが、ミラTR-XXを処分した際はディーラーに手数料を要求されました。
今と昔では商売も違うのでしょうかね。
その時は新車を購入したのに処分料金をきっちり取られてなんだか気分は下がったのを覚えてます。

タイヤホイールとサスペンションは取り外してしまうとリサイクル業者が困るとのことでリサイクル業者の方で取り外してくれました。
これも工賃も取られずにありがたかったですね。


今回お願いしたのは廃車天国 徳島店さんです。

http://www.haisyahatap.com/

ここは初めて電話するときは不安だったのですが、相談にも親身に乗ってくれました。
引き取りに来てくれた方も気さくでニコニコしていて気持ちよかったです。
後日パーツを取りに行く時も対応がやさしかったです。
こういった業者さんは素人にはハードルが高いイメージですが、割と気持ちよく処理できました。


ちなみにビートがクラッシュしたのは車検取得後2か月程度の時でした。
ですので、重量税と自賠責が20か月程度戻ってくるタイミングでした。

重量税は完全にスクラップにしないと返還されません。
これはリサイクル業者さんが手続き代行してくれて、指名した口座に振り込まれました。

自賠責保険の方は保険会社に手続きに行きました。
これも指定した銀行口座に振り込まれました。
保険の方は会社に必要書類を持って出向かないと行けないので手間でした。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 

徳島 普通車のユーザー車検 [ユーノスロードスター]

2年ぶりにユーザー車検にいってきました。
2年経つと色々忘れてますねぇ。
しかし、車検は2年ごとなので仕方ないですね。
徳島で受けたことしかないので徳島でのユーザー車検に特化して記しています。

他県のひとは参考に、徳島で受ける人ももちろん参考にしてください。
記していることと実際が違ってもクレームは受け付けれませんのでご注意ください。

ユーザー車検は予約制です。
必ず予約していきましょう。
予約はネットでします。

車検受験場所は↓

徳島運輸支局

〒771-1156 徳島県徳島市応神町応神産業団地1番地1
電話番号 登録手続案内:050(5540)2074
検査・整備・保安部門:088(641)4813
管轄区域 徳島県全域
登録申請
受付時間 午前:8:45~11:45
午後:13:00~16:00
検査申請
受付時間 午前:8:45~11:45
午後:13:00~15:45



ユーザー車検に必要な書類など

家から持っていくもの

1.車検証
2.自動車損害賠償責任保険証明書(新旧)
3.定期点検整備記録簿
4.自動車税納税証明書(継続検査用)
5.印鑑
6.手板

3はなくてもユーザー車検自体は受けれます。詳しくは下に記載しました。
4は以前は必要でしたが今は納税済みでしたら不要です。ただユーザー車検直前に納税した場合は持参します。
5と6はなくても大丈夫ですが5は念のため、6は便利なので持参してます。


検査場で入手するもの

a.自動車重量税納付書
b.自動車検査票
c.継続検査申請書

ただし、cはネットでダウンロードして使用できます。



任意で持って行っている道具

光軸調整のための工具
空気圧変更のための空気入れ
ピカール
ヘッドライトバルブなどの各種電球




スポンサーリンク




大まかな流れ

ユーザー車検は12番で受付ですが、その前に必要な書類a-cを別棟になっている小さな部屋の方で入手します。

この書類を入手して記入後12番で受付

2番レーンで検査を受ける

合格したら、小さいほうの部屋で重量税を納付、さらに隣の行政書士で自賠責保険をかける

再び13番に全部の書類を提出。

新しい車検証が出来るまでの時間でフロントガラスの旧車検証ステッカーを剥がす

新しい車検証を受け取り、その後フロントガラスに新しいシールを張り付けておしまい。




2の自賠責保険について

僕は検査後に掛けてます。
ユーザー車検の方法をいろんなサイトで書いてあり、自賠責保険を予めかけるように書いてあるようにみえます。
ただし僕はいつも自賠責保険はレーンの検査をパスしてからかけています。
これは車検に落ちてしまうと自賠責保険が切れてします可能性があるからです。
後からだと24か月掛ければいいだけなので簡単確実です。
ユーザー車検の受付窓口でも「自賠責は合格してから掛けるのですね?」と訊いてもらえます。

もちろん、25か月掛ける人や合格に絶対の自信がある人は先に掛けておくほうが手間が省けますね。
僕の知人は懇意にしている車屋さんでユーザー車検の前に自賠責をかけています。
これは自賠責保険で手数料が1600円程度車屋さんに入るからです。
その知人は家族親戚友人知人の類のユーザー車検をしているので、その車屋さんには年間2万円程度の手数料が転がり込んできますね。
1件掛けるのに数分なので、自営業の車屋さんにはおいしいでしょうが、ディーラーなんかだと手間だけで従業員の懐に入らないので嫌がられるかも知れないです。
もちろん自営業の車屋さんも自社で車検をしてくれる客のほうがもっといいでしょうね。



3の定期点検整備記録簿について

24か月定期点検整備記録書
これは提出しなくても車検は受けれますが、車検合格後点検を受けないといけません。

ただ、車検合格後点検を受けたかどうかは誰にも確認されませんのでその辺はグレーなのかもしれません。
車検証に点検整備済みかどうか記録されますので、僕は先に自分で点検します。
点検整備記録簿はWebで検索したらPDFが転がってますのでそれを利用して記入します。
まぁ、これの意味が全く分からない人はユーザー車検を受けないとは思いますが・・・


気を付けるのはデフとかパワステとかデスビとかの車両によっては付いてないものには斜線をいれるってことぐらいですね。
流れ作業でチェックマークを書いていくと間違ってチェックしてしまいがちです。




自動車重量税納付書
継続検査申請書
自動車重量税納付書

この時に継続検査申請書に印紙を貼ってもらって手数料を納付します。
小型自動車が1700円 小型自動車以外が1800円です。



この内、継続検査申請書はネットでダウンロードできます。

しかし、印字するのにレーザープリンタが必要なので(インクジェットは不可と注意書きされています)当日貰う方がいいかも知れません。
あれば先に印字して自分で記入していくと当日の手間が少しだけ省けます。

PDFの入手はこちら↓
http://wwwtb.mlit.go.jp/shikoku/benri/kensa.html

記入方法は13番窓口の前に見本があるので、それを見ながら書くだけです。
気を付けるのは継続検査申請書の一部は鉛筆書きのところがあることと、
走行距離を記入しないといけないので運輸支局についたら走行距離を確認しておきます。




ユーザー車検の検査レーンで心配なのは?


まずは光軸です。
これでよく落ちます。
なので調整のねじがどこにあるか、どのように調整するか予め調べておくことが大切です。

それと光量です。
旧い車だと、これの不足で落ちることがあります。
そのためにピカールを持参しています。
光量不足はレンズの曇りを除去することで防ぐことができます。
光量不足はHIDにしていても起こります。これは見た目の明るさとは関係がないからかもしれません。

その次に心配なのが各種ゴムブーツです。
点検整備で確認していても知らない間に切れてしまったり、見落としなどがあるかもしれません。
これは自分で対処していてはタイムオーバーになります。
あっさり諦めて後日再車検をうけるか、近くの整備工場へ駈け込んで修理を依頼するかの2択です


車検の時の注意点


ホイールカバーを外す
ヘッドレストがないとダメ
一般的なルーフキャリアやルーフボックスは外さなくてもOK

レーンで不合格なら調整して再度検査を受けますが、これが3回までです。
これを超えると再び手数料を取られてしまいます。
光軸調整は慣れが必要ですが、1度くらいはチャレンジしてもいいかもしれません。
自分で調整が無理なら予備検査場に持って行ってお願いするのが一番の近道です。






スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(0) 

naロードスター 車高調選び [ユーノスロードスター]

naロードスターのショックがオイル漏れをしたので交換しました。



もともとはクスコのねじ式車高調がついてました。
中古で購入した時からおかしいなぁと感じる足回りでしたが、交換する予算もないので我慢して乗っていました。
どのようにおかしいかというと、そこそこの段差で底突きするようなのです。
道路に問題があるような段差ではなく、普通によくあるような段差でもガツンと衝撃がきます。
十分に減速してやり過ごすと問題はないのですが、知らない道を走るときなんかは困りものです。




ネットで調べてみると車高の低いロードスターは車高を下げると根本的なストローク不足から底突きしやすいとのこと。
だから仕方のないことかなぁと思いました。
ただ、このクスコの車高調は減衰力調整式だったのですが、これの調整が生きていることから、ショック自体は生きていると判断していました。



ねじ式車高調はスプリングをシートで固定して使うのですが、車高を上げるとスプリングを縮める方向へと締め上げます。
これによってますますストロークが不足するのではないかと考えたり悩ましい日々が続いてました。
というのも車高が結構低い位置にあるのでスプリングを緩める方向へ調整すると車高がさらに下がってしまいます。

あまりにも下がっているのはいい年して恥ずかしいですし、田舎では乗りにくいです。
もともと購入した時にはサイドスカートがついていたのですが、これの下は足を入れると足の甲があたるくらいに低いのです。

調べるまで知らなかったのですが、エアロやリップなんかは最低地上高の検査範囲外だそうでペタペタに低い位置にあっても車検に通るそうです。
その為、低く設計された大型のサイドスカートを装着していた僕のロードスターは横から見ると本当に低く見えました。
しばらくしてそのサイドスカートは取り外したので大分扱いやすくなりましたし、車高をもう少し下げてもいいようにも思えました。

そういったことを考えているうちにショックからオイル漏れです。
ホイールにも付着するし、乗り心地はさらにおかしいし、最悪です。
オイル漏れしてもすぐに走れなくなるとかはなくて、違和感があると感じるくらいで走行できました。
しかし、オイル漏れのサスペンションでは車検も通らないし、何より乗っていて不安で楽しくありません。
まぁ、オイルが抜けきれば検査でもオイル漏れは指摘されないのでやりすごそうかとも考えなくもなかったですが・・・



スポンサーリンク







そこで次なるサスを探しました。

まぁ、通勤に使う程度には走れるのでのんびりと探しました。




候補としては、

純正サスペンション
ダウンサスと純正ショックの組み合わせ
ダウンサスとKYBの純正形状のショックの組み合わせ
車高調

すべて中古ヤフオクで検索して探してました。

新品の候補としてはTEINがあり、これはアッパーマウントがついてないですが、安くて5-6万で存在しました。



ロードスター本来の乗り味を知りたい僕としては純正中古は魅力ですが、程度のいいものは殆どなくて、あってもそこそこ高いです。
耐久性的には程度の良い純正中古は魅力ですが、ビートの時に純正オーバーホールしてもののその乗り味に満足できなかった経緯もあり、却下しました。
(クスコの車高調がボロボロの割にはコーナーの扱いやすさなどに満足していたので車高調がいいかなぁと考えていたのもあります)

ダウンサスと中古純正ショックは、やはりダウンサスが乗り心地を悪くするだけのもので、ビジュアル系とのことなのでこれも却下しました。
ダウンサスは安いですが、その分、ストローク不足するのは間違いありません。もともとのストロークを殺して車高を下げるので意味はないですね。
そういう意味では純正中古が一番いいようにも感じるのですが、純正サスペンションの新車当時のレビューもそんなにいい評判でもないしと逡巡してしまいました。

そうなるとダウンサスと純正形状ショックの組み合わせも却下です。



残りは車高調のみ。
車高調はCリング式とネジ式と全長調整式とがあります。

Cリングは安いのですが、いまではほとんど見ません。その為中古ヤフオク市場も数は少なく、あっても程度が悪いので却下しました。


全長式が一番物はいいのですが、予算の兼ね合いでそこまで中古のショックに出すならTEINのストリートベイシスを新品購入するほうがいいのではないかと考えました。
もっというとサーキットを走ることもなく、街乗りのみの僕に全長式は無駄なんですよね。


となるとネジ式車高調中古かストリートベイシス新品が候補に残りました。



TEIN ( テイン ) 車高調【 STREET BASIS 】マツダ ロードスター NA6CE H1.09-H10.01 GSM40-11SS2

TEIN ( テイン ) 車高調【 STREET BASIS 】マツダ ロードスター NA6CE H1.09-H10.01 GSM40-11SS2
出版社/メーカー: TEIN
メディア: Automotive



これがストリートベイシス。55000円の新品はお買い得ですね。




TEIN ( テイン ) 車高調【 FLEX Z 】マツダ ロードスター NA / NB系 VSM40-C1SS1

TEIN ( テイン ) 車高調【 FLEX Z 】マツダ ロードスター NA / NB系 VSM40-C1SS1
出版社/メーカー: TEIN
メディア: Automotive



ちなみにフレックスZはもう少し高いですが、減衰力調整ができるので予算が許せばこれもいいですね。

ネジ式車高調で見るべき場所はいくつかありますが、一番大事なのはその形状でショックのストロークがたっぷりとあるものでないとダメということです。
特にリアは要注意のようです。
この辺はいろんなサイトで書かれていますが、ストロークの足りないものを導入すると結局いまのクスコと同じ乗り味になってしまいます。




そうして最終的にはTEINのネジ式車高調に決定しました。

これはヤフオクで3万円程度で見つかります。
まぁ、3万円の中古の車高調などはゴミ扱いされてますが、主観ですが、割といけます。
予算は5万なので3万程度ならOKということでした。




購入した車高調はテインのスーパーストリートです。

ネットでロードスターに取り付けた人の感想を探してみると本当に賛否両論です。


僕が参考にしたのはうえしま院長という方がまぁいいよと書いているのを見てですね。
この方はスプリングも変えて、自分で色々と味付けして、きちんとつけているのでとても評判がいいですね。
僕はツルシのまま取り付けるのでこの方のようないいものにならないでしょうが、中古でも割といい状態のが多いとのコメントもあったりして決めました。


あと、知人がマーチにテインを装着していたのですが、これが欧州車のような走り味でとても気持ちよかったのでテインが好きだというのもありました。

teinは一般的には安い車高調なので、高級志向の人には受け入れがたいようですね。
車高調はビルシュタインやらアラゴスタなんかじゃなきゃ認めないといった風潮も僕の周りにはありますが、好みで好きなのでいいでしょ。
まぁ、緑色がいま一つのようにも思いますが・・・


ZRK4nRA_21CKea-rR8J6s4bMosvoNrEXgFtRZeHW6YMpX92IB.jpg


中古のストリートベイシスが届きました。
ばらして減衰が生きていること、オイル漏れが見られないこと
減衰力調整で減衰が実際に変わること
ゴムパーツに劣化は見られるものの使える範囲であることを確認しました。
アッパーマウントは純正ではなくてteinのゴム式アッパーが装着されてました。
ピロアッパーだと旧い車体に影響がありますが、ゴム式なので良しとします。

BdJlUf9WhpMmp4MQfKCde5wBXOpLtPNtsZZIZ5kguKQpX92IB.jpg

届くまでは程度がどんなものか不安がありましたが、送料込で35000円の車高調としては花丸をあげたいですね。

TswDA7l8JoJGmDHHFaGfBSkOF4whrFdxh2TCUfkGuNIpX92IB.jpg
スプリングに書かれた文字の意味が今一つはっきりしないですよね

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 

スーパーカブのチェーン交換 [スーパーカブ]

スーパーカブのチェーンがガチャガチャなるようになってしまいました。



スーパーカブは以前乗っていて、1年くらい乗った後ずっと放置してました。
最近、ビートからロードスターに乗り換えたことで燃料代がかさむようになったので、カブを併用しようと思い立ちました。

実家に数年間放置していたスーパーカブはガソリンを投入すると結構簡単にエンジンがかかりました。
ブレーキも効くしそのまま乗って帰りました。

しかし、帰り道でチェーンがガチャガチャと音を立てているのに気づき調整することにしました。


スポンサーリンク





カブのチェーン調整はすごく楽にできます。

僕のカブは「スーパーカブカスタム50」というやつで普通のカブと少し違うところがあります。
外観の一番の違いはヘッドライトが一般的には丸ですが、僕のは四角です。
性能的な違いは、普通のカブが3速なのに対して、カスタム50は4速です。なので、ロングツーリング向き&高燃費です。



さて、チェーンの調整ですが、リアタイヤを引っ張ることで調整します。

1、ハブのナットについている割れピンを抜く
2、ハブのナットを緩める。 右側のボルトが供回りしてしまうので左右にレンチをかけて緩めます。
また、左側はダブルナットになっているので両方緩めます。
この際、緩めるのはわずかでいいです。
3、チェーン調整用のナットを回して張りを調整します。
4、調整できたら、逆作業でおしまい。

ちなみにチェーンカバーは外さなくても調整できますが、外したほうがチェーンがしっかり見えるので外してやるのが普通のようです。

簡単なんですが、調整できたと思って、すべてのナットボルトを締め上げて、チェーンの遊びをみるとギチギチなっています。
これは最後にボルトナットを固定するとチェーンがさらに引っ張られるからのようです。
ですので、ボルトナットを固定する前の調整では必要な遊びを倍くらいにしておくといい塩梅になりました。

チェーン調整を終えてもう一度確認すると、遊びがちょうどいいところとギチギチなところが混在しているのに気づきました。
これはチェーンが伸びる際に、いびつに伸びてしまったためでした。
そうなるとチェーン調整ではなく、チェーン交換をしなくてはだめでした。

ショックでしたが、仕方ないのでチェーン注文。

今回購入したのはこれです。 メイドインチャイナの1000円!

バイクパーツセンター スタンダードチェーン ホンダ C50 カブ STD/DXなど 420-100L

バイクパーツセンター スタンダードチェーン ホンダ C50 カブ STD/DXなど 420-100L

  • 出版社/メーカー: バイクパーツセンター
  • メディア: Automotive




人気なのはこれですね。
1500円でレビュー100件超えて4.5★ これは完璧ですね。




1000円のはレビューで少し不安なものがありますが、届いた商品の感じはとても高性能に見えました。
まぁ、見えただけかもしれないですが。


で、カブのチェーンは駒数が98らしいのですが、
僕のカスタム50は駒数100です。

今回購入のチェーンもコマ数は100なのでチェーンをカットしなくていいので楽ですね。
この辺りもカスタム50の魅力かもしれない。(僕にとっては魅力でしたね)

交換ですが、
調整とほとんど同じです。

チェーンを引っ張って調整する代わりに、緩めて付け替えます。

1、緩んだチェーンを繋いである部分で切り離す。
これはペンチで簡単に外れます。
繋ぎ部分は3つのパーツでできたますので、ロックを外す→手前のプレートを抜く→奥のピンを抜く とチェーンが切り離せます。 2、古いチェーンと新しいチェーンを古いリンクで繋ぎます。
3、後輪を回して、新しいチェーンを一周させます。
4、古いチェーンを取り外して、新しいチェーンを新しいリンクロックを使って固定します。
5、チェーンを調整しておしまい。

チェーンオイルはもともとチェーンがぬるぬるしてるので注油しませんでした。
しばらく走って初期伸びが出たタイミングで注油する予定です。

スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 

エーモン エアゲージ(ラバープロテクト付) 最大測定値500kPa 6781 レビュー [ユーノスロードスター]

エーモン エアゲージ(ラバープロテクト付) 最大測定値500kPa 6781 を購入したので使用感などを紹介します。


普段、ファミリーカーに乗っていると空気圧を意識することはあまりないと思いますが、スポーツカーに乗っていると結構気になります。
結構な扁平タイヤを履かせているくせに、適正な空気圧になってもいない車両を割と見かけます。
もちろん、見ただけではわからないですよ。
会社の人たちのエア圧を見てあげると大抵低いです。それもフロントが。
理由はよくわかりませんが、ハンドルを切るので(それも摺り切りする)それが理由かもしれませんね。
とにかく、エア圧はかるの簡単な割に重要で、しかも忘れがちですね。



エーモン エアゲージ(ラバープロテクト付) 最大測定値500kPa 6781

エーモン エアゲージ(ラバープロテクト付) 最大測定値500kPa 6781

  • 出版社/メーカー: エーモン工業(amonkogyo)
  • メディア: Automotive




今回、購入したのは、今まで使っていたのがだめになってしまったからです。
今まで使っていたのも同じ形状ですが、別メーカーです。

エーモンのほうがすぐれている点がいくつかあるので紹介します。

金口が回転する。
これはとても使いやすい工夫ですね。
タイヤのバルブがどの方向であっても金口を回転させることで、ゲージを見ながらエア圧を測定できます。
この機能がないとプシュッとやって、裏返して、うまく測れているか見ないといけないので結構鬱陶しいです。

エア圧を測定するのは難しくはないですが、金口をきちんと押し当てないと脇からエアが漏れてきちんとした数値が出ません。
これがゲージを見ながらだと金口がきちんと当たっているかどうか確認しやすくていいです。
ゲージが上がってこないということはきちんと当たっていないから。
この機能のおかげでホースが付いているタイプのエアゲージと遜色ない使い心地が実現されています。

本体の裏に変換表がある
ロードスターのように古い車だと、エア圧の表示はkgf/cm2です。
ロードスターの場合、これは運転席のドアに書かれています。
大抵の車両は運転席のドアを開けたとこのボデーに書かれています。
ロードスターだと1.8kgf/cm2 なので、176kpaです。
この記載が本体裏側にあります。

まぁ、だいたい1.8は180で覚えていても問題はないとは思いますがね。
実際、タイヤショップによってはそのように変換表にのせているのもあるます。

本体がラバーで保護されている
商品名にもあるように、本体がラバーでプロテクトされています。
もちろん、ラバーで保護されていても、落下させると計器に狂いが生じるはずなので、大切に扱いますが、気持ちの上でもありがたいですね。
それと、ラバーのおかげで滑りしらず、保持しやすいのも使っていて気持ちいいです。


最大測定値500kPa
これも商品名にありますが、500まで測れるということは、テンパータイヤの空気圧も確認できるということです。
テンパータイヤの空気圧はたいてい4kg超えていますからね。


商品によっては、3kg程度までしか測れません


エーモン エアゲージ(ペンシル) 最大測定値350KPa A58

エーモン エアゲージ(ペンシル) 最大測定値350KPa A58

エーモン エアゲージ(ペンシル) 最大測定値350KPa A58

  • 出版社/メーカー: エーモン工業(amonkogyo)
  • メディア: Automotive



これはこれで、コンパクトでいい商品ですが、3kg程度しか測れないのでテンパータイヤの空気圧は測定できません。
それに気づかずに購入して、テンパータイヤのエアを図ろうとして、測れないことに気付いた時は結構ショックでした。

まぁ、最近の車にはスペアタイヤはないようなので不要かもしれませんがね。

また、ゲージ部分がむき出しなので使っているうちに精度がでなくなることがあります。
実際、僕は2本持っていますが、どっちもだめになりました。
まぁ、20年くらい使ったので精度が出なくなるのも無理はないのですが。

一つだけ残念な点があります
それはエアを入れすぎた時に抜くための突起がないこと
ペンシルタイプの商品画像をみると測定金口の反対側に突起があるのが見てとれると思いますが、これがこの商品にはありません。
これは少々不便です。
僕はシガーソケットから電源をとっていれる空気入れをもっていますが、大抵の場合入れすぎたのを抜きながら調整します。その時にこの突起はとても便利なのですが、それがこの商品には省かれています。

しかしながら、20年ぶりに新調したエアゲージはとても満足いく品質でした。
使い心地と使い勝手、このどちらもよかったです。
おすすめです。

スポンサーリンク








スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -