So-net無料ブログ作成

モビリオスパイク イグニッションコイル交換 [モビスパ]

モビリオスパイクの調子が悪いです。
エアコンをつけると顕著で、アイドリングでぶるぶると震えます。
走り出しに息継ぎをするような加速です。ノッキングってやつです。
状態が徐々に悪くなってきたのですが、それほどひどくなる前はてっきりミッションだと思いましたCVT

マフラーから出る排ガスが異様にガス臭く、排気音もパスパスいってます!

これは、ガスがきちんと燃焼していない!!










と、いうことで、プラグは以前に交換してるので今回はイグニッションコリルを交換しました。
今どきの車はプラグコードはなくて、代わりにイグニッションコイル(トップコイル)がついてますね。
ダイレクトイグニッションてやつなんでしょね。

これが、純正だと高い!
仕方ないので社外品。社外品だと半額以下です。
壊れなければいいんだけど・・・

アマゾンと楽天を検索して、楽天の方が安かったので楽天で購入。
これはタイミング次第なんでしょね。









ところで、同様の症状で検索をかけて見ると、ヒットするのがモビリオの方。
モビリオはプラグやコイルが全部で8本必要だそうです。
僕のモビスパ(GK1、2002年式)は4本です。8本だと費用が倍になるので4本で本当に良かったです。
全てのモビリオが8本で、モビスパが4本かどうかは調べたんですが、よくわかりませんでした。
楽天で購入して1万円以下で交換完了! 今のところ、排ガスも臭くないですし、走りもとってもいいです。
同じ症状で困ってる人、交換おすすめですよ!


交換手順方法!

イグニッションコイルの交換に必要な工具は10mmのソケットとラチェットと10cm程度の延長パーツです。

DSC_1009.jpg
この画像にあるようなのがあれば十分です。

まず、バッテリーのマイナスターミナルを外します。

この画像の黄緑で囲ってある部分にコイルがあります
DSC_1005.jpg
ちなみに、VTECと書かれたカバーを外してもコイルはありません。ネットで検索するとここにイグニッションコイルがある画像がでてきますが、僕の車にはなかったです。

これがカバーを外した状態。DSC_0989.jpg
ね、ないでしょ。だから、このカバーは外す必要なしです。


コイルがある辺りを覗くと画像のような青いコネクターが4つ並んでるのが見つかると思います。
DSC_1007.jpg


このコネクターの爪を上から抑えながら、もう一方の手で手前に引くと外れます。
画像の真中に写っているのが外れた状態です。
このコネクターが接続されている黒い物体がイグニッションコイルです。
コイルはコネクタに接続されて、その右側に10mmのねじで固定されているだけです。

コネクターを外したら、ねじを緩めて、上に引き抜くと外れます。これを4つただそれだけです。
新しいのを取り付けて、コネクターとねじをきちんと締めつければ完成です!

バッテリーのマイナスターミナルを接続してエンジンをかけて見ましよう!

スポンサーリンク




ユニクロ ウルトラライトダウン レヴュー [登山]

夏の富士登山で防寒用に推奨されているのが、フリースかダウンジャケットでした。
どちらでもいいんですが、僕はフリースしか持ってなかったので仕方なく持って行きました。
が、フリースは嵩張る!そして重い!!
ひとつもいいことなかったです。

そこで、欲しくなるのが軽量のダウンジャケット
タウンユースのしっかりした奴じゃなくコンパクトに収納できて軽いやつです。

本来なら山御用達ブランドを購入するところですが、予算の関係上、ユニクロまたネットの無名メーカ・・・
本当はモンベルのプラズマが欲しい







ユニクロで探すとウルトラライトダウンというのがありました。
ユニクロはここ最近の強気の値段設定のせいで売り上げ不振に陥ったので、ロープライス路線に変更したとニュースで見ました。
http://toyokeizai.net/articles/-/114076

5990円!
高い!
それでも去年より1000円安いみたいです

だって、モンベルのスペリオダウンだって、10800円で買えるのに・・・
なぜ、ユニクロに6000円も出さなくちゃいけないの・・・
やっぱり冬のシーズンの終わりに投げ売りになるのを待たないといけないのかなぁ

と、思ったら去年のモデルが3900円でありました!

DSC_0985.jpg

コンパクトに折りたたんで収納できる袋も付いてます。
袋にいれて量ると、軽量の229g!
90% ダウン,10% フェザーでフィルパワーは600くらいだそうです。

着心地はそこそこいいですが、やはり軽くするためにかなり小さくまとめてますね。
ゆったり着たいならワンサイズ大きめがいいでしょう。
でも山で使うならアウターじゃなくて、レイヤーの真ん中に利用するのでジャストフィットがいいと思います。

縫製はまぁまぁまとも。
ポケットのファスナーも動きはスムーズです。
しかし、ファスナーに付いてる紐はループになっておらずしかも小さいのでグローブしたままだと扱いにくいですね。
収納袋は便利いいですが、これをポケットに入れておくのは正直うっとおしいですね。
ウインドブレーカーによくあるように、ポケット自体が収納になるともっといいかな。



正直な感想としては、3900円で買えるならこれはいいなぁと思いました。
山に持って行くのも軽いし、安いので気を使わないし。
ただ、5900円なら、やっぱりモンベルのスペリオダウンを購入しますね。

ちなみに、スペリオダウンは156g 800フィルパワー 3年保証ですから。
これで10800円は安いですよね!


スポンサーリンク




ケータイマグや魔法瓶山に持って行くのはどれがいい [登山]

富士登山山頂で、山荘で買ったお湯を持って行って飲んでいるカップルを見かけました。
こういう時には魔法瓶があるといいなーと思いました。

そういうタイミングでモンベルから新製品登場


ヨーロッパ最大のアウトドア国際見本市でアワードを受賞した、登山用ボトル「アルパインサーモボトル」。
過酷な低温環境で、最高の性能を発揮する軽量・コンパクトなボトルには、シンプルなデザインながら随所にさまざまな工夫が施されています。とのこと。

http://webshop.montbell.jp/common/system/user/infomation/disp.php?site_category_id=2&infomation_id=445#499

これはいい!となりましたが、購入前に他も検討してみることに







有名なメーカーは象印、サーモス、タイガーでしょうか。
どれも日本のメーカーで安心感があります。
比較した商品はこちらです。
ちなみに、個人的好みによりチョイスはすべて直飲みタイプにしました。

象印 水筒 直飲み 軽量ステンレスマグ 480ml

象印 水筒 直飲み 軽量ステンレスマグ 480ml スレートグレー SM-SC48-HM

象印 水筒 直飲み 軽量ステンレスマグ 480ml スレートグレー SM-SC48-HM

  • 出版社/メーカー: 象印(ZOJIRUSHI)
  • メディア: ホーム&キッチン



サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L スカイブルー JNL-502 SKY




タイガー 水筒 480ml 直飲み ステンレス ミニ ボトル サハラ マグ 軽量 夢重力




モンベル500ml 265g生産国:不明3780円
象印 480ml205g生産国:タイ2600円
サーモス500ml 210g生産国:マレーシア/フィリピン2318円
タイガー 480ml190g生産国:中国2598円

金額は2016/9/17調べ

モンベルの商品は意外にも日常使いの商品群よりも重かったです・・・
ただ、堅牢さや蓋がコップになっている部分は他にはない魅力だと思います。
しかしながら、抜きに出て高いですね。

象印、サーモス、タイガーは価格は横並びですね。

サーモスがわずかに安いですが、色が好みじゃない・・・
タイガーが一番軽くていいのですが、中国製・・・
象印にはアマゾン限定モデルがあるのでそれにしようかな・・・でもアマゾンモデルは250g・・・

スポンサーリンク




ミズノ  WAVE ADVENTURE MD2 レヴュー [登山]

ミズノのアウトドアシューズ WAVE ADVENTURE MD2 を購入しました。

s_DSC_0978.jpg
一番左の茶色のやつです

購入の結果物凄く気に入ってます。アマゾンレビューの★が多いのもうなずけました。
購入後、テストに近所を2時間ほど、その後富士登山に使用しました。
右側がモンベルのタイオガブーツでいままで使っていたトレッキングブーツです。
真ん中はイタリアのザンバランです。いいブーツですが雨に弱いです。






ウェーヴアドベンチャーのいいところ!
驚くほど、軽い!
タイオガブーツ片足720gに対してウェーヴ アドヴェンチャーは510gです。
両足で210gも違います。
なんと3割近く軽いのです。これには驚きました。
軽いことで、膝の負担も軽減されました。膝に爆弾抱えている人にはとてもお勧めです。
ちなみにナビゲーションの方も560gと軽量です。

クッション性がいい
MIZUNO WAVEという波形のプレートを挟み込むことによってクッション性と安定性を両立した独自のもののようですが、これのおかげで凄く楽です。
堅牢な登山靴だと内部も固くて衝撃がもろの伝わるのでインソール選びも重要ですが、これは靴自体が柔らかいのでインソールは固めのものを選んでも大丈夫そうですね。


安いのにゴアテックス
Gore-tex fabrice Surround Sysremで防水耐久性はそのままに360度からの透湿性を実現。
だそうです。
富士登山では基本ずっと雨だったのですが、靴の中が濡れる心配は全くありませんでした。
まぁゴアなので当然ですが。


原産国がベトナム
中国製の登山靴や製品が多い中、この靴はベトナムです。
ベトナムは国民性が比較的勤勉で日本にも感覚が近くいいように思います。
もちろん、中国製の製品でもいいものは多いです。
モンベルのタイオガブーツも中国製ですが、縫製もきれいでとてもいいです。
これは好みの問題ですね。


靴幅が 3E
偏平足や足幅が広い人にはもってこいです。
ぼくも偏平足なので・・・
タイオガブーツにはワイド版があるのですが、僕が購入したのは普通版だったので靴の中が窮屈でした。

そして、何よりとても安い!!

[ミズノ]  アウトドアシューズ WAVE ADVENTURE MD2

[ミズノ] アウトドアシューズ WAVE ADVENTURE MD2

  • 出版社/メーカー: MIZUNO(ミズノ)
  • メディア: ウェア&シューズ




残念なポイントは2つ

ベロが薄く頼りない。
足首にあたる部分のベロが圧倒的に薄いです。
これはちょっと心もとないです。
しかも僕は足首が細いので余計に気になります。これには靴下を折り返してベロの当たる部分の靴下の厚みを2倍にして対応してます。



靴ひもが貧弱
これは紐を買い替えれば解決するのですが、やはり気にはなりますね。
レディースモデルはこちら

[ミズノ]  アウトドアシューズ WAVE ADVENTURE MD2

[ミズノ] アウトドアシューズ WAVE ADVENTURE MD2

  • 出版社/メーカー: MIZUNO(ミズノ)
  • メディア: ウェア&シューズ




アルプスなどの登山経験はありません。
西日本に住んでいるので基本登る山は2000mクラスで、3000m超えるのは富士山が初めてでした。
僕の経験したタイプの山では何の問題もなく登山靴の役割を果たしてくれます。

後は耐久性でしょね。


今回の購入理由は今使っている靴が合わずに足の小指の爪が死んでしまったからでした。
いままで使っていた靴はモンベルのタイオガブーツです。
購入はモンベルショップで店員さんと相談して決めました。

この時は、まったくの無経験だったので、靴が合うかどうか、また好みかどうかわかりませんでした。
本で得た知識を元に、足首に指が入るかどうかだけが基準でした。
店員もいい加減な人で、試着した時の靴下が登山用でもないのにそれでいいでしょうと・・・
モンベルの店員さんはいい人が多いですし、知識も割とある人も多いですが、知識も乏しくしかもいい加減な人もいるのでこの辺りは注意が必要ですね。当然、いろんな人がいるのは当たり前なんですが、モンベルというアウトドアのプロショップの店員という先入観から自身の知識よりも低い人を当てにしてしまうこともありますね。
また、自分自身が初心者で本当に合っているのかわからないのが一番の問題でしょうね。

購入後気付いたのですが、本来は登山靴ではないようです。
目的:ハイキング、アウトドアウォーキングなどのようです。
トレッキングシューズ WAVE NAVIGATION が登山靴にあたるようですね。
こちらはソールがビブラムなのでさらにいいかもしれません。

今だと価格的にこちらがお得かも。

[ミズノ]  トレッキングシューズ WAVE NAVIGATION

[ミズノ] トレッキングシューズ WAVE NAVIGATION

  • 出版社/メーカー: MIZUNO(ミズノ)
  • メディア: ウェア&シューズ








スポンサーリンク




51LクラスのクーラーBOX選び スチールベルトほか [キャンプ]

一般には季節はずれですが、クーラーボックスを探してます。
キャンプはこれからが面白いですよね。キャンプ場も空いてくるし。過ごしやすいし。たき火して暑いってこともないし。

クーラーボックスはホームセンターの無名のモノを使っています。
保冷材はロゴスのを使っているのでそこそこ持ちますが、1泊2日までですね。
2泊突入するともう役立たずになります。容量も小さいですし。

そこで今回は51Lクラス、2泊以上可能なクーラーボックスを探してみます。
それもスチールベルトタイプを中心に。なぜなら、丈夫だから!







定番 コールマンスチールベルトクーラー


コールマン 54QTスチールベルトクーラー シルバー 6155B707G

コールマン 54QTスチールベルトクーラー シルバー 6155B707G

  • 出版社/メーカー: Coleman(コールマン)
  • メディア: スポーツ用品




サイズ:約60×42×41(h)cm
重量:約7.5kg
容量:約51L
材質:スチール、ステンレス、他
仕様:ラッチロック、ドレイン
25000円から

54QTとありますが、容量は51Lです。
いまや、定番中の定番でしょうかね。コールマンてのはランタンメーカーだったはずですが、いつの間にかキャンプの総合メーカーになってますね。
一時期のテントは酷かったのですが、今ではコールマンですべて揃えても問題ない品質になっているようです。







igloo(イグルー) ステンレスクーラー (51L)


igloo(イグルー) ステンレスクーラー (51L) #44669

igloo(イグルー) ステンレスクーラー (51L) #44669

  • 出版社/メーカー: igloo(イグルー)
  • メディア: スポーツ用品




本体サイズ:幅62×奥行40×高さ42cm
本体重量:7.25kg
材質:ステンレス、ポリプロピレン、ウレタンフォーム
原産国:中国
容量:51L (350ml缶83本収納可能)
23000円程度

アメリカで絶対的なシェアを誇るイグルー。御多分にもれず、スチールベルトタイプを出してます。
スチールベルトでは一番軽いのがいいところ。
ただ、イグルーは基本的にはパッキンがないので、そこが心配。






テントファクトリー クーラーボックス メタルクーラー






  本体サイズ:幅59.5×奥行41×高さ41cm
  本体重量:約8kg(おそらく7.7kg)
  容量:51L(350ml缶83本収納可能)
  構造部材:本体外側ステンレス/プラスチック(PE)
  断熱材:ウレタンフォーム
  原産国:中国
16000円程度。一番安いが、一番重い。







Astage(アステージ) ステンレスクーラー 51L


Astage(アステージ) ステンレスクーラー 51L

Astage(アステージ) ステンレスクーラー 51L

  • 出版社/メーカー: Astage(アステージ)
  • メディア: スポーツ用品



  製品サイズW:595xD:410xH:410㎜ 内側(約)W:520xD:325xH:285㎜
  本体重量:(約)7.7㎏
  本体ベルト:ステンレス鋼 本体・インナー:ポリプロピレン 断熱材:ウレタン注入方式
  サイドハンドル・水抜き栓付き
17000円程度

おそらく、テントファクトリーと物は同じ。テントファクトリーのよりも高い。

価格とのバランスやブランド力から言えば、イグルー。
価格だけで言えば、テントファクトリー
イグルーには栓抜きが付いてるのが面白い。コールマンも60年記念バージョンなら付いている。








番外 スチールベルトでないのなら、これ!

IGLOO MARINE4 54QT イグルーマリンクーラー 51L

IGLOO MARINE4 54QT イグルーマリンクーラー 51L

  • 出版社/メーカー: イグルー
  • メディア: その他




IGLOO MARINE4 54QT

2016モデル 4日間の保冷能力
サイズ:高さ38x 幅64 x 奥行35
容 量:51リットル
素 材:発泡ポリウレタン断熱材

7000円程度

安いし、軽いし、いうことなしの気がする・・・

スポンサーリンク




富士登山に必要なもの [登山]

富士山山頂に行ってきました。
DSCN3289.JPG

装備については、色んなサイトで書かれている内容なのですが、初富士山の僕にはよくわかないものもある内容でした。
書いてあるもので事足りるのですが、どれがどの程度必要なのか具体的にはわからないからでした。

実際に富士登山してみた個人的感想から要不要を纏めてみました。
ちなみに、趣味で登山をしている人を対象に書いています。






ザック 登山靴 雨具

この3点は必須です。僕は山登りを普段するのでこの装備はそもそも持っています。
色々なサイトにわざわざ書いてありますが、登山の趣味がないのに、富士山には登りたいという酔狂な人のためにかいているのだろうと思います。

水、飲料、帽子も必要です。
水は500mlで500円で販売されています。購入すればいいですが、山荘から山荘は距離があるのと夜間は閉まっているので注意が必要です。
その他、普通登山に必要なものは大体必要です。
厚手の靴下とか、日焼け止めとか、サングラスとか。
こういった細かいのは省きます。






よく書かれているのもの個人的に不要だと思うもの
トイレットペーパー
多くのサイトで必要となっていますが、山荘のトイレにはトイレットペーパーは備え付けてあります。
そりゃ300円もとるんですから、当たり前です。
が、必要と書かれているのでトイレットペーパーは備え付けられていないのだと勘違いしました。
トイレットペーパーが必要なシーンはトイレがない状況でどうしても用を足さないといけないときです。
この場合は目隠しになるようなポンチョも必要になります。
ですので、持って行くならポンチョと携帯トイレも必要ですね。

小銭
これも不要です。山荘の方が両替してくれます。あるいは沢山の人がいるのでお願いすればなんとかなります。
ただ、夜間にトイレを利用するには必要です。
僕は保険に保険を重ねて15枚くらい持って行ったのでとても重かったです。
しかも宿泊先の山荘でしか利用しなかったので1枚も使わなかったのです。
仮に持って行くとしたら1回分の300円で十分でしょうね。







判断が分かれますが個人的には必要だったもの

ヘッドライト
必要です。
ご来光を見るためによる登るならもちろんのこと、体調や天候により暗くなってからの下山の必要が出る可能性が否定できない以上必ず持っていた方がいいです。


防寒具  
ご来光を見るなら必要ですが、日中のみ登山なら不要です。


ジップロックなどの防水の袋
これは必要です。雨が降ってザックカバーをかけてもザックの中に雨水は浸入します。
僕はスーパーの袋に入れていたのですが、水が入って防寒着が濡れてしまいました。

ゲイター
大砂走りをするなら必須です。ないと走れません。
走れないと楽しめません。
スーパーの袋で代用という話も聞きましたが、お勧めしません。

トレッキングポール
必要です。
普段の登山で使ったことなかったのですが、富士山ではじめて本格使用しました。
便利です。楽しいです。
下りは安全に降れます。
もっていない人は何度か転びました。
転ぶ覚悟でいくならなくても大丈夫です。

歯磨きガム
必要です。山荘では歯磨きできません。

スポンサーリンク