So-net無料ブログ作成
キャンプ ブログトップ

キャンプの虫対策 ブヨ、ブユ、やぶ蚊、アブ。ハッカ油の使い方 [キャンプ]

キャンプに行くと困るのが虫ですね。
自然の中にこっちがお邪魔するのである程度は仕方のないことなんですが、刺されたり噛まれたりするとやっかいなんですよね。
一日が台無しになることもあるし。

キャンプの虫対策 ブヨ、ブユ、やぶ蚊、アブなんかがいやですね。
あと、怖いのは蜂です。






僕の場合はまず蚊取り線香を焚きます。
蚊取り線香のにおいはあまり好きではないのですが、最近は線香の香りがたくさんあるので楽しいですね。


金鳥の渦巻 蚊取り線香 ローズの香り 30巻 缶

金鳥の渦巻 蚊取り線香 ローズの香り 30巻 缶

  • 出版社/メーカー: 大日本除虫菊
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


これが好きですね。



金鳥の渦巻 蚊取り線香 3種の香り 30巻 缶 (アロマローズ・ラベンダー・森の香り)

金鳥の渦巻 蚊取り線香 3種の香り 30巻 缶 (アロマローズ・ラベンダー・森の香り)

  • 出版社/メーカー: 大日本除虫菊
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


これだとバラエティに富んでいていいですね。



スポンサーリンク





さて、蚊取り線香のほかには虫よけですね。
これは市販品が一番効くと思います。
でも、使い心地がよくないです。

なので子供にはこんなシールタイプを使用します。

虫きちゃダメ シールタイプ 60枚

虫きちゃダメ シールタイプ 60枚

  • 出版社/メーカー: 和光堂
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



で、僕自身はもっぱらハッカ油です。

ハッカ油P 20ml

ハッカ油P 20ml

  • 出版社/メーカー: 健栄製薬
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


これですね。
これは使用方法がいろんなサイトで書かれていますが、どうも一つのソースを頼りにみんな同じことを書いているように思います。

内容としては、無水エタノールと精製水とで何パーセントみたいなやつです。

これはどこから来た情報なんでしょうね。

僕個人としては、よく書かれている濃度ではほとんど効果がないと思っています。
それからハッカ油が安いのに高い無水エタノールを利用する意味が分かりません。

要はハッカ油を薄めて体に振り掛けるだけなのに、どうしてなのか。

そこで僕の使い方を紹介します。
100円で売っている一番小さいスプレーボトルにハッカ油と水道水を入れて使う前にシェイク!
以上です。

濃度?それは自分の体の訊けばいいです。
実際にスプレーして痛くなければさらにハッカ油を足します。
そのギリギリを見つけます。
要は個人各々の肌に合った濃度であればいいわけです。
もちろん、濃ければ濃いほど、効果はあるのですが、肌の弱い人は薄く、強い人は濃く。

水道水と油は混ざらないので使うときは必ずシェイクしてから吹きかけてください。
そうすると水の油が適当に出てきます。
水道水は簡単には腐りません。カルキがあるからですね!
古くなったと思ったり、しばらく使わなかったら処分して新しく作るだけ!
用意するのはハッカ油のみでいいので楽でいいですよ
nice!(0)  コメント(0) 

51LクラスのクーラーBOX選び スチールベルトほか [キャンプ]

一般には季節はずれですが、クーラーボックスを探してます。
キャンプはこれからが面白いですよね。キャンプ場も空いてくるし。過ごしやすいし。たき火して暑いってこともないし。

クーラーボックスはホームセンターの無名のモノを使っています。
保冷材はロゴスのを使っているのでそこそこ持ちますが、1泊2日までですね。
2泊突入するともう役立たずになります。容量も小さいですし。

そこで今回は51Lクラス、2泊以上可能なクーラーボックスを探してみます。
それもスチールベルトタイプを中心に。なぜなら、丈夫だから!







定番 コールマンスチールベルトクーラー


コールマン 54QTスチールベルトクーラー シルバー 6155B707G

コールマン 54QTスチールベルトクーラー シルバー 6155B707G

  • 出版社/メーカー: Coleman(コールマン)
  • メディア: スポーツ用品




サイズ:約60×42×41(h)cm
重量:約7.5kg
容量:約51L
材質:スチール、ステンレス、他
仕様:ラッチロック、ドレイン
25000円から

54QTとありますが、容量は51Lです。
いまや、定番中の定番でしょうかね。コールマンてのはランタンメーカーだったはずですが、いつの間にかキャンプの総合メーカーになってますね。
一時期のテントは酷かったのですが、今ではコールマンですべて揃えても問題ない品質になっているようです。







igloo(イグルー) ステンレスクーラー (51L)


igloo(イグルー) ステンレスクーラー (51L) #44669

igloo(イグルー) ステンレスクーラー (51L) #44669

  • 出版社/メーカー: igloo(イグルー)
  • メディア: スポーツ用品




本体サイズ:幅62×奥行40×高さ42cm
本体重量:7.25kg
材質:ステンレス、ポリプロピレン、ウレタンフォーム
原産国:中国
容量:51L (350ml缶83本収納可能)
23000円程度

アメリカで絶対的なシェアを誇るイグルー。御多分にもれず、スチールベルトタイプを出してます。
スチールベルトでは一番軽いのがいいところ。
ただ、イグルーは基本的にはパッキンがないので、そこが心配。






テントファクトリー クーラーボックス メタルクーラー






  本体サイズ:幅59.5×奥行41×高さ41cm
  本体重量:約8kg(おそらく7.7kg)
  容量:51L(350ml缶83本収納可能)
  構造部材:本体外側ステンレス/プラスチック(PE)
  断熱材:ウレタンフォーム
  原産国:中国
16000円程度。一番安いが、一番重い。







Astage(アステージ) ステンレスクーラー 51L


Astage(アステージ) ステンレスクーラー 51L

Astage(アステージ) ステンレスクーラー 51L

  • 出版社/メーカー: Astage(アステージ)
  • メディア: スポーツ用品



  製品サイズW:595xD:410xH:410㎜ 内側(約)W:520xD:325xH:285㎜
  本体重量:(約)7.7㎏
  本体ベルト:ステンレス鋼 本体・インナー:ポリプロピレン 断熱材:ウレタン注入方式
  サイドハンドル・水抜き栓付き
17000円程度

おそらく、テントファクトリーと物は同じ。テントファクトリーのよりも高い。

価格とのバランスやブランド力から言えば、イグルー。
価格だけで言えば、テントファクトリー
イグルーには栓抜きが付いてるのが面白い。コールマンも60年記念バージョンなら付いている。








番外 スチールベルトでないのなら、これ!

IGLOO MARINE4 54QT イグルーマリンクーラー 51L

IGLOO MARINE4 54QT イグルーマリンクーラー 51L

  • 出版社/メーカー: イグルー
  • メディア: その他




IGLOO MARINE4 54QT

2016モデル 4日間の保冷能力
サイズ:高さ38x 幅64 x 奥行35
容 量:51リットル
素 材:発泡ポリウレタン断熱材

7000円程度

安いし、軽いし、いうことなしの気がする・・・

スポンサーリンク




登山用の帽子 [キャンプ]

帽子選びについて

帽子選びなんてのは好きなものをデザインや価格で選べばいいんですが、ぼくには僕なりの基準があるので紹介します。

色について 
山でかぶる帽子は色の淡いもの

登山でかいた汗が帽子にしみ込んだ時に色の濃い帽子だと非常に目立ちます。
また、大量の汗がしみ込んだ後乾くと体内のミネラル成分が白く浮き出てしまい、これも凄く目立ちます。
そうして自宅に帰って洗うと酷く色落ちして、しかもまだらになったりして、みすぼらしいものになってきます。
こういったことに幾らか軽減できるのが色の淡い帽子です。
勿論、汗を大量にかく人はインナーキャップなども利用するといいと思いますが、インナーキャップだけで対応することはむずかしいですから、やはり淡い色あいのものをお勧めします。

形状について 
ハットorキャップorビーニー(ワッチ)

これは好みもわかれますね。僕はどれも好きです。
実際どれも持ってます。これはどれも買っておく方がいいですね。どれか一つならキャップでしょうね。


実際に登山に持って行く場合は天候が一番の指針になっています。
晴れのときはハット。雨のときはキャップです。そして寒い山小屋で眠るときにビーニー
これには理由があって、
雨の時には合羽を(レインコート)を着るわけですが、頭を雨から守るフード部分を利用するのにキャップの帽子が都合いいからです。キャップのつばの部分が目元を雨から守ってくれるし、フードを被るのにハットのように邪魔にならないからです。
これがハットだとつばがよれたり、フードを被るのに邪魔になったりしてよくないです。






逆に晴れの日はキャップより影を作るスペースが多いハットの出番です。
ハットだと襟足に影を作り日差しを遮ってくれるので首の日焼け止めに効果が期待できます。そうはいっても、常に襟首が日蔭になるわけではないので日焼け止めは必要ですが、日焼け止めプラス日よけの方がずっと効果が高いです。稜線を歩くような日差しが何もない時には、ハットが凄くありがたいですね。

山ですので、天候が崩れやすいですから、1泊するときは基本キャップを利用してます。
天気予報が100%晴天の場合はハットにしてます。

ちなみにハットの場合は風に飛ばされる危険が高いのであごひもがあるのがオススメです。
キャップの場合は風の強い日はきつく調整すれば飛んでいくことはありません。(ただ、帽子を脱いだ時に髪の毛がぺっしゃんこになって格好悪くなります・・・)

最後にビーニーですが、ビーニーは山小屋で眠るときに重宝します。
頭や耳の防寒と目元を隠すことができるものがいいでしょね。
音と光を遮ってくれますし、固い寝床から後頭部を保護してくれますよ。


素材について
これはなんでもいいと思います。
ポリでもなんでも。
ゴアもいいですが、汗をかきやすい人は蒸れます。メッシュ状のものの方が、いいですね。
雨自体は合羽で遮るので無理にゴアである必要はないと考えてます。

最後にお手入れについて
あくまで僕なりのやり方ですが、水洗いです。
山から戻ったらお風呂に一緒に入って水洗いします。
お湯洗いでもいいですが、色落ちが一段とはがしい気がするので水をじゃばじゃばかけて洗い流します。
手で、軽く絞って陰干しします。
これをやらないとすぐに汚くなってしまいます。汗染みがくっきりとついてしまってかなしくなります。
本当はもっといい方法があるのでしょうが、手軽でなのでいつもこの方法です。
何もしないのが一番だめですね。
ザックなんかも水をかけて洗うのが殆どです。ザックは気を付けないのとカビたりします。




(モンベル)mont-bell ステンレスメッシュ フィールドキャップ

(モンベル)mont-bell ステンレスメッシュ フィールドキャップ

  • 出版社/メーカー: mont-bell(モンベル)
  • メディア: ウェア&シューズ


このステンメッシュキャップは特におすすめです。


(モンベル)mont-bell ワイドブリムハット

(モンベル)mont-bell ワイドブリムハット

  • 出版社/メーカー: mont-bell(モンベル)
  • メディア: ウェア&シューズ



スポンサーリンク





SWANSのサングラス Airless-Wave MTSIL SA501 [キャンプ]

サングラスは登山やキャンプで必須ですね。
特に山頂は遮るものがないので、目の保護を考えないと後で辛いことになります。
雪山も当然ですが、草木もよく太陽を反射させます。

僕の愛用はこれです。
DSC_0778.jpg
SWANSのサングラス Airless-Wave MTSIL SA501 です。
特徴は軽い、偏光、日本製。ですね。

今、アマゾンで8200円くらい。安い時だと7500円くらいです。

SWANS(スワンズ) Airless-Wave MTSIL SA501

SWANS(スワンズ) Airless-Wave MTSIL SA501

  • 出版社/メーカー: SWANS(スワンズ)
  • メディア: スポーツ用品




これは505です。505の方が安いですが、偏光レンズではないのでお勧めしません。でも安くて軽いので偏光でなくてもよい人にはいいかもしれませんね。

SWANS(スワンズ) Airless-Wave MTSIL SA505

SWANS(スワンズ) Airless-Wave MTSIL SA505

  • 出版社/メーカー: SWANS(スワンズ)
  • メディア: スポーツ用品



セミハードケースがついてきます。
DSC_0777.jpg
正直、このケースは僕には使いづらいので他を探しています。
このケース開けるのに両手を必要とするし、きちんと入れないときちんと蓋がしまらない。
フックなんかもないのでどこにも引っ掛けておくこともできない。
家で保管するときにはいいと思いますがね。

山でもオークリーの人気は凄いですね。僕はもっていません。
高いですからね。スワンズの倍はするし。

わずか16g。掛けているのを忘れるくらい。
でも、かけているときはいいのですが、日がかげってきたときに帽子の上なんかに引っ掛けると軽いので風で飛んで行ってしまいます。
また、落としても音もせず気づきません。
僕は山で1つ落としてしまい、これで二つ目。

DSC_0779.jpg
それでこんな小細工をしてます。
正直使いにくいですね。でもなくすよりはずっとましかなぁ

偏光なので、ドライヴにもロードバイクにも使ってます。ロードバイクで使うと傷が付くのでその辺はどうかなぁという感じですね。

偏光グラスの安いやつを買ったことがありますが、重いし。ずっと掛けていると頭と耳が痛くなりました。
これだとそういうのはないですね。軽いので鼻に痕も付きにくいし。

あと、安い偏光グラスによっては、サングラスの内側で乱反射して、見づらいのもありました。
安物も安物で扱いがぞんざいでもいいので、それはそれで重宝はしますがね。

スポンサーリンク




ナルゲンボトル1L [キャンプ]

ちまたには沢山の水筒がありますね。
保温保冷に特化したものが人気のようです。

一方、僕が使っているのはこれです。

DSC_0703.jpg

とっても有名なナルゲンのボトル。
アウトドア好きな人ならだれでも知っている。





保温も保冷もしません。そういう意味では残念なんですが、補う魅力がたくさんあります。

1.熱湯が注げる。
これは他の水筒でも大抵は可能ですが、1リットルの大容量でプラ系のボトルでなると選択肢はすごく狭まります。もちろん熱湯を注げば外側は熱くなります。これが実は湯たんぽにもなるのでキャンプではオススメなんですね。

2.凍らせることが可能。
これは魔法瓶などには不可能ですが、そもそも保冷力の強い魔法瓶は凍らせる必要はないのですがね。

3.パッキンがない。
これは凄い魅力だと思います。普通、高機能水筒だとパッキンが使われています。これが汚れたり痛んだりして交換もしくは買い替えになると思います。しかも洗う時に凄く面倒くさい。外したパッキンが行方不明になったり、付けたと思ったら付け忘れてダダ漏れになったり。
そういった心配は不要なのがとても魅力的。

4.軽くて丈夫。
落としても壊れず、中身がなければ凄く軽くなります。登山なんかだと中身がないのに重い水筒はあり得ません。

5.BPAフリー
聞きなれない言葉ですが、プラ系のボトルからはBPAと呼ばれるビスフェノールAという有害物質が溶け出して体に悪影響を及ぼします。ペットボトルの再利用がよくない理由のひとつになります。ビスフェノールAは水溶性ですので水に簡単に溶け出して体に入ってしまいます。雑貨店なんかで購入したようなプラ系ボトルだとこの危険が潜みます。

6.飲み口が大きい。
これは洗う時に効果絶大で中が底がきちんと洗えます。また、山などで名水を入れる時も使いやすくていいです。勿論、不要な水を処分するときもさっと捨てれますしね。鍋で沸かした熱湯を注ぎいれるようなシーンでも便利です。

7.ボトルキャップが便利。
ボトルキャップを外して飲むときはキャップを手にすることがほとんどだと思いますが、キャップとボトルが繋げられているので手に持つ必要がありません。しかも蓋を開けたまま、自立します。これはボトルが空でも自立します。モンベルのボトルも殆ど同じなのですが、どういう訳か空だと自立しないので、飲み物を注ぐときに不便です。

DSC_0700.jpg

他にもいいところはあると思いますが、ざっと思いつくままに書いてもこれだけありました。

一方、悪いところはというと
保温保冷しない。
食洗機が使用不可
見た目の好みがわかれる。
入れる飲み物の色とボトルの色が混ざるとまずそう。(僕は水しか入れないのでこれはわからないです)

プラのボトルに1500円とかないわーと思う人もいると思いますが、購入すればその魅力にこの価格は普通だと思えると思います。
なにより、代替品のない唯一無二感が素晴らしいですよ。


nalgene(ナルゲン) ボトル 広口1.0L シーフォーム 91188

nalgene(ナルゲン) ボトル 広口1.0L シーフォーム 91188

  • 出版社/メーカー: nalgene(ナルゲン)
  • メディア: スポーツ用品



ちなみナルゲンのボトルは値引きがないので、にアマゾンとかで買うよりもスポーツ用品店やアウトドアショップで購入した方が安いです。

スポンサーリンク




above the clouds ストレッチカーゴパンツ [キャンプ]

登山用にパンツを買いに出かけた。
たいていモンベルを購入するのだけど、ちょっと趣向を変えて違うショップへ
そこはセレクトショップなので、モンベルも含めて沢山のブランド品を置いてある。

いつの間にかド定番になったパタゴニアとか懐かしさすら感じるノースフェイスとかの値札を見ては弾いてく。
そうして、手に取ってやたら軽くて手触りのいいパンツを見つけた。

それがこれ




タグやパンツにabove the cloudsとある。
聞いたことのないメーカーブランドだなあと思った。
タグなんかに薀蓄もあんまりなく(本当は英語で書いてあるので解らないだけ)...
でも妙に気になるので履いてみるとすごくいい。
何がいいって、サイズが日本人にすごくあっている。
165cmしかない僕にとってすそ上げ不要は初めて。もちろん若干長いのだけれどブーツ履くからちょうどいい。
素材はよくあるハイテク素材で軽くていい感じである。
ストレッチと立体裁断で足さばきにとてもよい。価格も1万円程度よい。

そく購入を決めて帰って調べてみると、てっきり海外ブランドだと思っていたのだけれど、なんと日本ブランド。
日本で企画して中国でつくっているとのこと。
できれば、中国じゃなくて、ベトナムかタイに発注して欲しいところですね。その方がずっと裁断やら縫製やらがよいので。

私達、アバブ・ザ・クラウズは日本人にあった登山ウェアを10年以上作り続けています。“Abouve the Clouds”稜線から遥かに雲海を見る満ち足りた時間。アバブ・ザ・クラウズの商品を使った時から、そんな美しい感動がもっと広がるように…の願いを込めて、今後も皆さんに喜ばれる商品を提案していきます。

だそうだ。

メーカーホームページは
http://www.kenkosya.com/

探してもなかなか出てこなかった。

僕はこのパンツで今年の山は登る予定。これ一枚で。
富士山みたいな高い山だと夜は冷えるのでこれにサポートタイツを1枚、普通のタイツを1枚の軽2枚タイツを中に履いて過ごすか、タイツ1枚にレインウェアを上から重ねて過ごすかするつもり。
裏起毛はないし、撥水透湿素材なので一年中(雪山以外は)使用できるし、いいものだなぁと

履き心地は抜群にいいですね。

スポンサーリンク




キャンプクッカーでラーメンを [キャンプ]

キャンプクッカー選びは難しいですね。
でも買わないと使えないのでとりあえずで購入したホームセンターのをかれこれ20年つかってます。

全てアルミ製で、小さな鍋・フライパン・大きな鍋・150cc程度のコップ・カレー皿(コップと皿は4つずつ)のセットで確か3000円しなかったように思います。
アルミの鍋やフライパンは体に悪いと言われていますが、年に数回のキャンプで使用するだけなので、殆ど悪影響はないんじゃないかなぁと思っています。

日常で使うならアルミよりステンレスがおすすめ。

買ってしまうと取りあえず不満はあるものの使えなくもないしで20年。独身の頃から家族4人になる今まで十分でもう買い替える必要はないかなぁと思います。

今買い揃えるとしたらこのセットを選ぶかなぁ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ラグナステンレスクッカー Mセット M-5530

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ラグナステンレスクッカー Mセット M-5530

  • 出版社/メーカー: キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
  • メディア: スポーツ用品







僕には安物のアルミクッカーがあるので上のは買いませんが、それでも欲しいアイテムがこれです。
これに袋麺をいれてバイクで河原へGO!


UNIFLAME(ユニフレーム)山クッカー角型 1 《667712》

UNIFLAME(ユニフレーム)山クッカー角型 1 《667712》

  • 出版社/メーカー: UNIFLAME
  • メディア: その他


バカが!てくらい高い!!


で、代替案がこちら

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CAPTAIN STAG ステンレス角型ラーメンクッカー1.3L UH-4202

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CAPTAIN STAG ステンレス角型ラーメンクッカー1.3L UH-4202

  • 出版社/メーカー: キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
  • メディア: スポーツ用品


まぁまぁ安い。

でもラーメン作るだけなら本当は要らないんだけど、袋めんをクッカーに収納して、カブで河原へ出かけて、ラーメン作りたいんだよね。
一回やれば満足して飽きそうなんで未だに購入に至らず。

スポンサーリンク




キャンプ ブログトップ