So-net無料ブログ作成
検索選択
ユーノスロードスター ブログトップ

バッテリーの発送方法 廃棄方法 [ユーノスロードスター]


バッテリーを交換したので、それにまつわるエトセトラを書いてみようと思います。

スポンサーリンク





交換手順は簡単です。
バッテリー端子をメガネレンチで外します。
マイナスからはずさないとダメですよ。

交換したら、古いバッテリーはどうしますか?


廃棄ですね。

ホームセンターやネットで購入するとバッテリーの廃棄はどうするの?とよく訊かれます。
ホームセンターによっては、広告のチラシなんかに1つ購入につき、1つ処分しますと書いていたりします。
これが逆に混乱させているのでしょうが、バッテリーの廃棄に費用は掛かりません!

なぜなら、廃棄バッテリー自体に商品価値があり、大量にあれば、お金になるからです。

ですので、ガソリンスタンドに持ち込んでもお金をとられたりしません。
快く引き取ってもらえます。

僕の知人なんかは家の前に一晩出しておけば、誰かが勝手に持って行ってくれるとかいいます(笑)
まぁ、これは本当ですが、犯罪を助長させる行為なので、止めていただきたい…。

ネットでロードスターバッテリー買うならこれとか安いですね。





次に転売。

これはジャンクとして出して売れたらめっけものくらいの感覚ですが、問題は発送方法です。

ネットで検索してもなかなかいい方法が見つかりません。

ヤマトもダメ佐川もダメとなってたり、いや送れたとなってたり。
西濃や福山通運も同様です。
ネットの情報も時にはあてにならないので、片っ端から電話しました。
ヤマト運輸はクロネコヤマトもヤマト便もダメだと言われました。
福山通運も西濃も断られてしまいました。

佐川急便はOKでした!
佐川急便に言われたのは段ボールに入っていることという条件だけでした。
まぁ、新品のバッテリーをネットで買えば、どこかの運送会社から送られてくるわけですから、送れないはずもないのですが、個人は無理とか言われるかと思いましたが、佐川急便は個人でも問題なく送れました。


スポンサーリンク




ロードスターのキーレスエントリー選び [ユーノスロードスター]

ロードスターにキーレスを付ける。
本当はドアなんて鍵しないでもいいんだけど、トランクを便利に使いたいのもあって、キーレスを付けることにした。

​僕のロードスターは、フルバケが入ってるのでトランクレバーが開けにくい。
ロードスターのトランクレバーはコンソールの中に隠されているのだけど、このコンソールが海外と仕様が同じらしく、そのせいで助手席側に蓋の取っ手がついているので、非常に使い便利が悪いのです。

そこでキーレスの登場です。
キーレスは普通はドアの開閉に使いますが、トランクの開閉にも一役買います。
最近ではセダンは少なくなって接する機会が減りましたが、マークXなどのセダンはキーレスのボタンでトランクのみ解放することができます。
所謂、トランクリリース機能です。


スポンサーリンク





キーレスは最近は安いですね。
安いものは3000円からあるし、しかも送料無料です。
昔は安いものでも1万円はしていました。

もちろん、安かろう悪かろうもあると思いますので注意は必要ですし、注意したところでダメなときはダメなわけです。
それが中華製ってやつですかね。
当たりはずれもありますし。


最初に検討していた時は、リレーがあるやつを探していました。
キットにリレーが最初からあるやつですね。
キーレスのアクチュエーターは割と電源を喰うらしいのでリレーがあるほうが信頼性は高いようです。
しかし、リレーが含まれているのものは僅かでキーレスのリモコンを選ぶ範囲が極端に狭まります。

最悪、リレーは後からエーモンを購入すればいいかと考えて、早々にリレーはあきらめました。


また、多くの商品がリレーが含まれないこと、多くのレビューがリレーなしで問題なく動作していることからなくても案外大丈夫かなぁと思ったのもありました。
それとリレーが含まれた安い商品にはトランクリリース機能がない、もしくはあるが使えるかどうかの記載がまったくないのもあって除外しました。


アクチュエーターはドアの開閉を動かす部品です。
集中ドアロックがついていてキーレスリモコンのないような車種はアクチュエーターがなくても配線だけで大丈夫ですが、これがないとロードスターはキーレス化できません。

アクチュエーターは4つsetになっているのを選びます。
ロードスターのドアは2枚ですが、2つsetだとトランクの解放ができません。


最初、トランクの解放にはソレイドという電磁石モーターが必要だと思いました。
これは多くのトランクについていること、それからアクチュエーターでトランクの解放をしている人があまりいないことなどが原因でした。
結果としてはソレイドは必要なくて、アクチュエーターだけあればトランクリリースはできます。

だから4つsetが必要なんですね。
2つはドアに1つはトランクに。残りの一つは予備として置いています。


リモコンキーにもう一つボタンがあればガソリン給油口の蓋もリモコンであけれるようにするのもいいかもしれません。
ただ、これはハードルが高いですかね。設置場所にも困りそうですし。
もちろん、コンソールの中に来ているワイヤーを引っ張るようにすればいいと思いますが、試してないのでなんとも言えません。
ただ、トランクと給油口の蓋、両方をリモコンで開けれるようにすればコンソールの中のレバーを取っ払ってコンソールを広く使うことが出来ると思います。
この場合でもレバー自体はどこかに残しておいて(隠しておいて)非常時には使用できるようにしておくのが得策だと思います。


トランクリリースのボタンがついているキーレスリモコンをかたっぱしから探します。
アマゾン、楽天、ヤフオク、ヤフーショッピング。
みつかっても高い、見つけたが在庫切れ、絵柄はあるが商品説明には記載なし。
結構、探すのに疲弊しました。
最終的に3種類くらい見つけました。
その中から、ジャックナイフ形の商品を購入しました。






3520円でした。


これはドアの開閉とトランクリリースボタンがそれぞれ単独で存在していて3つボタン仕様です。

また、ぜひ欲しいと思っていたアンサーバック機能も付いています。

キーレスにはアクチュエーター4つセット、そしてリモコンキーにトランクリリース機能のあるものを選ぶとロードスターのトランクがとても便利になるのでお勧めです。


スポンサーリンク




ロードスターのバッテリーを交換 [ユーノスロードスター]

手に入れたユーノスロードスターを少しずつ自分色に変えていきます。まずは、バッテリー交換です。


バッテリーの調子はいいんだけど、数年替えてないとのことなので交換した。
NAロードスターのバッテリーはとても高い。
それはトランクに乗せているので、専用品になるから。

高いのも困るのだけど、そこらで簡単に手に入らないことがもっと困る。
以前、所有していた友人は正月にバッテリー上がりで朝エンジンが掛からず困ったそうだ。
ロードサービスを呼んでエンジンは掛かったもののバッテリー入手に何日も待ったそう。

その間中ヒヤヒヤするのは厭だなと思って、普通のバッテリーにしようと企みました。

スポンサーリンク






トランクにバッテリーがあるとなぜ高くなるのか?
水素が充満してトランクが吹っ飛ぶから密閉式でないといけないからだとか。

昔、バッテリーを室内に移設しようともくろんだ時に、バッテリー屋さんに相談したところそのような理由が返ってきました。
では、どうするかというと、室内に穴をあけてチューブをバッテリーに付けて水素を逃がせばよいとのこと。
その話を思い出しながらロードスターのバッテリーを見るとなるほど確かにチューブがある。

それではどうするか。
ネットを検索するとなんとコーナンバッテリーがオススメとなっている。
関東圏の人には馴染みの薄いらしいが、関西圏では有名なホームセンターである。
ここのバッテリーがシールド式でしかも安いとのこと。

さっそく見に行くとありました。
なんと、お値段3218円!
ロードスターのバッテリーが5-6個買えてしまいます。
しかも2年4万キロ保証です。

DSC_0028_20170220_065825.JPG



ただ、容量は小さくなって28Ahです。ロードスターの標準が32Ahなのでその辺りがちょっと心配ですね。
12.5パーセント減です。

僕の場合はそんなに電装品も使わないので大丈夫ですが、パワーアンプくんだり色々電気をたくさん使う人には向かないでしょうね。

ネットでも同じ用な品が買えるようです。
アマゾンでもメーカーは違いますが同じサイズの密閉バッテリーがあるのでそれに変えるのも一つの手ですね。

これとか、送料込み4066円です。





もちろん、ポン付けとはいかないので改造です。
まず、標準バッテリーを下します。
これはもちろんマイナスを外してからプラスを外して下します。



端子の改造
で、+-の端子をD端子からB端子に変更しないといけないので元々ついている端子の根元でぶった切ります。
僕は安物のニッパーでカットしました。

DSC_0030_20170220_065825.JPG

力は要りますが、簡単です。
新しいバッテリー端子はエーモンのバッテリーターミナルB記号バッテリー用Y134を使用しました。
これはアマゾンであわせ買い対象ですが、336円で購入しました。

エーモン バッテリーターミナル B記号バッテリー用 Y134

エーモン バッテリーターミナル B記号バッテリー用 Y134

  • 出版社/メーカー: エーモン工業(amonkogyo)
  • メディア: Automotive




カットした配線をボルト止めしたら完了です。
あと、端子が変わるので端子カバーも交換必要です。僕は廃車から取ってきた中古を使用しました。




固定ボルトの改造
これは専用の長いボルトを用意しようとしたのですが、間に合わなかったのでカラビナで延長して固定しました。
この方が、簡単といえば簡単ですね。



水素ガス抜き用ホースの改造。
これはホースがコーナンバッテリーの穴よりも太いのでアダプターが必要です。
まぁ、皆さん同様廃棄スプレーのストローを使用しました。
DSC_0029_20170220_065825.JPG
接着剤で固定している人もいましたが、太さをビニールテープで調整して固定しました。
この方法だと次も使えますので。


あとは外した時とは逆の手順、+装着して-装着、固定で完成です。

DSC_0033_20170220_065824.JPG

エンジンをかけて見ましたが、問題なくかかります。
当たり前ですが。
これで次からはネットで買ってもいいし、近所のコーナンで買ってもいいし、楽になりました。


スポンサーリンク




ユーノスロードスターを購入しました。 [ユーノスロードスター]

今回はたまたまご縁があって想定の予算内で購入可能となり、ロードスターになりました。
最初にお話をいただいてから現車確認までに殆ど気持ちが固まっていました。
色々と検索して候補車を考えていたのですが、結局好きな車になりました。
乗りたいと思っていた車に乗れるのは最高ですね。

DSC_1172.jpg



ちなみに、あと乗りたい車はアルファロメオスパイダーとルノーサンクターボⅡです。
この2台はなかなかハードルが高いですが、乗りたい車に殆ど乗れてきているので縁があれば乗れるのではないかと思ってます。


スポンサーリンク








今回購入したのは1.8Lのシリーズ2です。
1.6の軽快さを希望する気持ちもあるのですが、1.8Lの太いトルクも気持ちいいですね。

しかもSr2なのでファイナルギアの問題やなんかもクリアできてますし。

なにより、初代ロードスターの最終年度のものなので、古いのに新しいのでその点もいいです。
どうせ乗るなら最初期か、初期型の最終かがいいなぁと思うのです。 車は20年も前のモノなので走行距離も多いです。が、ビートよりはずっと少ないです。 この点もいいですね。 タイミングチェーンを希望していたのですが、タイミングベルトなんですよね。 ただ、ロードスターはFRなのでベルトでも工賃が安いこと、自分で交換も何とか可能そうだということで決着しました。 ボディカラーブラックです。 グリーンもいいんですが、ブラックもいいですね。 あと、イエローとブルーもいい。 なにせ、シルバーだけは外したかったので非常に満足です。 そこそこの凹みや傷もありますが、概ねペイント状態は良好でした。 オイルの減りもなく(にじみはありますが・・・) そこそこの程度です。 ここから少しずつ手を入れて綺麗にして自分の車にしていくのが楽しみです。 まずは、汚れから! スポンサーリンク

ユーノスロードスター ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。